HOME>ホットトピックス>工事をするならばどのようなことを知っておきたいか

近所迷惑にならないようにする

解体工事行う場合には、必ずと言っていいほど振動や音の問題が発生します。田舎で都内の家まで100mぐらいの距離があればよいですが、都会の場合には1m隣に隣の家の建物があることも少なくありません。そこまで接近していなくても、すぐそばに住宅がある場合には、解体工事により近所迷惑をかけてしまうことがあるでしょう。これをすぐためには、可能な限り事前に業者に申し出ておく必要があります。あるいは業者選びの段階で、振動や音漏れが少ないところを選ぶことが必要です。

ガスや水道などをとめておく

解体工事をする場合は、家主がガスや水道などを事前に止めなければいけません。ガスが出っぱなしで解体工事をしてしまうと、ガス漏れが発生しひどい場合にはガス爆発を起こす可能性があります。このように考えれば、家主がおこなう重要なことがいくつか存在します。

建物の下を確認しておく

解体工事をする場合には、建物を壊すことが必要になりますが、建物の下の方に大きな岩などが出てきた場合には、これを動かすことも重要になります。この場合には通常料金とは違った料金が発生しますので、注意しておかなければいけません。

通行人に気をつけよう

通行量の多い所は、たびたび通行人が通りかかります。解体工事をするときにはトラックの往来が激しくなりますので、十分に注意をしなければなりません。場合によっては、警備員をつけなければならない場所もありますのでその時の料金が加算されます。

広告募集中